桜模様の四角皿

土:信楽白土
釉薬:黒マット釉(奥)・透明釉(手前)

さくらの花びらが舞っているような柄の四角いお皿。
桜の花びらはところどころピンクの泥で着彩しています。

絵は線画になっていますが素焼き前のお皿にキリでひっかき、
そこに鉄を筆に含ませて着色させていますので、
触るとわずかにへこみがあります。

あまり見ない技法ですが、
器にシャープな柄を描くことができます。
通常の絵付けとは違う個性を感じる逸品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です